クリスマスツリーの飾り付けはいつから始めていつしまうべき?

Merry Christmas

ハロウィンが終わった後はクリスマスですよね。

お化けやかぼちゃの装飾から、
イルミネーションや、サンタさんとトナカイのモチーフが増えてきます。

「そろそろ家でも出すべきかな?」なんて思い始めますよね。

でも正直「いつ出していつしまえばいいんだろう」と悩みませんか?

クリスマスツリーの飾り付けを始める時期

ドイツのクリスマス

ドイツでは25日のクリスマスまでの4週間を アドヴェント待降節)と呼んでおり、
とても大切な時期とされています。

クリスマスマーケットが開かれ、街がクリスマスムードになります。

アドヴェントの時に用意するものの1つに、
アドヴェンツ・カレンダーという12月1日〜12月24日まで書かれているカレンダーがあります。
日付の書かれたところが開けられるようになっていて、
中にはお菓子、オーナメント、おもちゃなどが入っています。

ドイツの25日、26日は祝日。
お店がお休みで、クリスマスは特に街中が静かになるんだそう。

ドイツでクリスマスツリーを飾るのは12月24日

ドイツでは、
12月24日のクリスマスイブに事前に買っておいた本物の樹を家の中へ。

ツリーをきれいに装飾をした後、
木の下にプレゼントを置きみんなで開けます。

日本でクリスマスツリーを飾り付けを始める時期は?

日本ではアドヴェンツ・カレンダーをやる習慣はないですが、
ドイツのアドヴェントが始まる時期と同じ、
11月下旬〜12月上旬に
クリスマスツリーを飾り始めるのが良いのではないでしょうか。

クリスマスツリーをしまう時期

クリスマスツリーをしまうのは1月6日

1月6日が公現祭と呼ばれており、
キリストの誕生を聞き、賢者がキリストのもとへやってきたことを記念する日。

この1月6日にクリスマスツリーなどをしまいます

日本でクリスマスツリーをしまう時期は?

ドイツのように1月6日まで飾っておくのもいいと思います。

ですが、日本の年末年始はいろいろ飾るものがあるのでごちゃごちゃしてしまいそうです。

なので、クリスマスツリーなどの飾りは
12月26日〜年末までにしまうのが良いと思います。

クリスマスツリーの日

1886(明治19)年12月7日

外国人の船乗りのために、初めてクリスマスツリーが飾られたので
クリスマスツリーの日となっています。

『クリスマスツリーの日に飾り付けをする』と
決めてしまうのもいいかもしれません。