雨の日は外に出たくない!家の中でできることリスト7選

雨の写真

雨の写真

雨が降るとジメジメしたり、外が薄暗くて気分が上がらなかったりしますよね。

外に出かけても足元が悪くて嫌になってしまいます。

そこで、家の中でできること7選をお届けします!

1、雨音を聞きながらひたすら寝る

寝る関連の写真

外に出る用事がないのであれば、とことん寝ることに使ってみませんか?

静かな部屋で外の雨音に耳を傾けてみてください。とても落ち着いた気分になると思います。YouTubeにも雨音のヒーリング動画がたくさん載っています。

仕事に行くために早起きをし、遅くまで働いて帰る生活をしているとなかなか睡眠時間を取ることができませんよね。

睡眠不足が続くと疲れが溜まってしまいますし、体調に影響が出てしまいます。カーテンを閉め切ったまま寝るのもいいですが、個人的には、カーテンを開けて程よい光の中でうとうとするのも気持ちいいと思います。

2、雨音を聞きながら本を読む

本の写真

自分の好きな本を読みましょう。

小説でも漫画でも雑誌でも。製本でも、電子書籍でも。自分の世界にどっぷりハマることができるのではないでしょうか。

ゆったりと時間が流れていると思ったら、あっという間に夕方なんてことも。

わざわざ静かな空間を求めて図書館に行かなくても、雨の日なら自宅で十分静かな空間を味わえます。

3、映画や動画、溜まっている録画番組を見る

テレビを見る写真

平日はなかなかテレビを見る時間が取れない方や、先週は出かけてたから2時間番組録画してあった!なんて方もいらっしゃるのではないですか?

話題作の地上波放送なども実は録画してあったけどまだ見てなかったら雨の日は見るチャンスです。

料理レシピや動画などをみて、1週間の献立を作り、買い出しリストを作っておいておくのもいいですね。

ただし、映像は見すぎると逆に疲れてしまうのでほどほどに。

4、片付け、断捨離をしてスッキリさせる

洗濯の写真

家の中でじっとしてるのはなんか嫌だな、と思ったら掃除がちょうどいい運動ではないかと思います。

掃除といっても、掃除機をかける、水回り(キッチン、洗面所、風呂、トイレ)掃除などがありますが、テレビ裏の配線周り、本棚や洋服の整理はしていますか?

毎日掃除機をかけていても、案外細かいところは避けていたりしませんか?

本棚も見てみるともう随分読んでいない本が眠っているかもしれません。

洋服もタンスの奥からこんなのあったけ、と思うような服が出てきませんか?

いつもやらないところを掃除いているうちに、失くし物や掘り出し物が出てくるかもしれませんね。

ご参考までに普段やってる雑誌収納についてはこちら

かさばる雑誌をスッキリ保存!自分の好みにカスタマイズ!かさばる雑誌をスッキリ保存!自分の好みにカスタマイズ!

 

5、料理、お菓子を作る

料理の写真

材料があればですが、料理を作ってお腹を満たすのもいいですよね。

お菓子づくりなんかもたまにやると楽しいと思います。今やネット検索するだけで「とっても簡単○○レシピ」みたいなものもありますし。

大した材料がなくともインスタントラーメンのちょい足しレシピを考案したりするのもいいのではないでしょうか。

食材がないときにオススメなのはすいとんです。

小麦粉と水をくるくる混ぜて1口大にして茹でるだけでできちゃうのでものすごく簡単です。ごま油を少量加えたバージョンもオススメです!

6、お風呂に浸かる

リラックスの写真

晴れてるときに家で長風呂をするとなぜだか勿体無い気がしてしまいますが、

雨の日なら勿体無いというよりか、リラックスして有意義に過ごした感が強くなるのでオススメです。

午前中は掃除して午後にお風呂の時間をとってみたり、昼間くらいからお風呂の時間をとってみたりと、自分が優雅な時を過ごしたと思えるタイミングで入るとよりスッキリします。

7、友人や恋人とビデオ通話する

携帯を使っている写真

これは相手との都合が合えばですが、雨の日は外に出るのが億劫だけど人と会いたいと思う方はビデオ通話がいいのではないかと思います。

今は外に出なくてもスマホがあれば会った気になれますね。

スマホを立てかけておけばご飯を作りながらでも食べながらでも通話できますし!

まとめ

雨の日は外に出なくてもできることが意外とあるのではないかと思います。

「雨か、嫌だな」と考えてしまうと1日が長く感じてしまいますが、何かやることを見つけてしまえばいつの間にか1日が終わってしまうでしょう。