日焼け止めだけでは足りない⁉︎お肌だけではなく目の日焼け対策

紫外線が気になりだす季節。

海の写真

日焼けをしないように日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘などで直接日に当たらないように心がけるようになりますよね。

でも知っていますか?

目から入る紫外線でお肌は黒くなってしまう!

メガネ屋さんのHPなどで紹介されていますが、紫外線で気をつけることはお肌だけではなく目も守ることなんだそう。

目を守らなくてはならない理由は、目から入った紫外線によって脳が「メラニンを作れ」と命令してしまい、シミやソバカスの原因になるメラニンが増加。そして、お肌が黒くなってしまいます。

また、強い紫外線を浴びることによって目自体にも充血や異物感、乾燥、白内障などの炎症が起きてしまうことも。

目を守るにはサングラス

メガネ屋さんのHPをいくつか見比べてみましたが、サングラスもよくみて選んだ方がいいみたいです。

  1. 透過率1%未満や紫外線99%カットとなっている
  2. 隙間から紫外線が入りにくそうなデザイン
  3. レンズが淡い色

であると、より紫外線対策に向いているサングラスです。

紫外線を通しにくい加工が施されているものやデザインが大切なのはわかりますが、レンズが淡い方がいいというのは少し驚きました。色が濃い方が光をブロックしてくれるイメージがあったので。

レンズが淡い色というのは瞳孔の収縮と関係がありました。

目の瞳孔は明るいとことでは小さく、暗いところでは大きく開くということから、レンズが暗すぎると瞳孔が開いてしまい紫外線が入りやすくなってしまうという理由があって淡い色のレンズがオススメされていました。

光老化は恐ろしい

肌は年齢とともに衰えていくものだと思っていましたが、紫外線について調べていると大きな間違いだとわかりました。

なんと、老化の80%以上が紫外線による光老化が原因!!

生まれた時から日々お肌に蓄積され続け老化へと繋がっていっています。シワやたるみを引き起こす原因になるのがUVA。波長が長いため肌の奥深くまで届いてしまうのです。

つまり、紫外線に当たらないように心がけるメリットはシミやソバカスを防ぐだけではなく、シワやたるみも防げるということです。

紫外線は夏だけじゃない

気象庁の紫外線データをみてみると、冬でも紫外線量は0ではないため、紫外線は1年中降り注いでいることがわかります。

気象庁紫外線データhttps://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/info_uv.html

家の中だから、曇りだから、冬だから、、、と油断しているうちに着々と老化は進んでいってしまうのです。

まとめ

  • 目を守ることを忘れない
  • サングラスは紫外線を通さない加工付きで淡い色
  • 1年中紫外線対策はするべき

「白く美しいお肌ですね」と言われている自分を想像して日焼け対策に臨んでみましょう♪

合わせてこちらの記事もチェック→日焼け止めの役割