内田雄馬は歌とダンスがうまい!音楽の日に出演決定!

音楽の日(2019年)の出演者に内田雄馬さんが発表されました。

内田雄馬さんのことをアニメや声優を好きな方は知ってる方が多いと思いますが、「アニメ見ないし声優もよく知らない、わからない」という方も多くいらっしゃいますよね。

ぜひ多くの方に知っていただきたいです。。。

アニメで内田雄馬さんが声優を務めるキャラクターが、アカペラを歌ったシーンで衝撃を受けました。

内田雄馬の声優活動とアーティスト活動

プロフィール

  • 内田雄馬(うちだゆうま)
  • 1992年9月21日生まれ
  • アイムエンタープライズ所属
  • 特技は焼肉を焼くこと
  • 姉は声優 内田真礼

内田雄馬の声優活動

2012年ごろから声優として活動。

  • アイドルマスター SideM 桜庭薫
  • うたの☆プリンスさま♪ 鳳英二
  • BANANA FISH アッシュリンクス

など、多くの作品で活躍されています。

また、特技でもある”焼肉を焼くこと”にちなんだタイトルのついた「内田雄馬 君の話を焼かせて」というラジオ番組パーソナリティーもされています。

内田雄馬の音楽活動

2018年5月30日にKING AMUSEMENT CREATIVE(キングレコード)よりアーティストデビュー。

2018年5月30日に1st Single NEW WORLD

2019年7月24日に1st Album HORIZON

2019年7月現在ではシングル3枚、アルバム1枚をリリースしています。

 

内田雄馬の歌とダンスルーツ

内田雄馬の歌声は聞いていて心地いい

聞いていただくとわかると思うのですが、伸びやかで、優しくふわっと包み込んでくれる感じがしませんか?



ファルセットもとても綺麗なんですけど、1番の魅力は

楽しそうに歌っていることだと思います。

聴いているこちらもウキウキする、元気になれる歌って魅力的ですよね。

楽しそうに歌うこの歌唱力のルーツがインタビューに載っていました。

内田雄馬の学生時代の部活動

中学生の頃は吹奏楽部、高校からは合唱部にも入っていたので、音楽と触れ合う機会も多くて。

みんなで声を合わせて良い合唱を作っていくんですけど、先生が、その場所に来る方々に元気をあげるような空間を作っていて。人をどうしたら元気にできるか、楽しさを感じられるか――そういうことを考えて活動している先生で、それが自分にとって音楽の原点なのかなって思います。

引用元:livedoorNEWS

ボイストレーニングは受けたことがないそうです。合唱部での経験が、今の歌唱法につながっていると答えていました。

楽しそうに歌ってると感じたのは、内田雄馬さんが部活動で感じたことや経験から来ているのですね。

内田雄馬の好きな曲

吹奏楽部の先生に「演奏会は演奏だけじゃない」と言われたことをきっかけに、視覚的な部分を機にするようになったようで、ダンスミュージックに興味を持ったのは高校生くらいの時だそうです。

EDMは特に好きですね。元はR&Btoka、割と穏やかな曲も好きで。

もっと振り返るとフォークが好きな時期があって、さらにその前に合唱があって、童謡唱歌があって……(笑)。でも今やっていることのルーツとしてダンスミュージックは大きかったと思います。人生でいちばん聞いているのはダンスミュージックですね。

引用元:エンタメステーション

内田雄馬とダンス

ダンスの経験は、声優として仕事でやったのがきっかけだそうです。

よく踊っている気がしていたので、もともとダンスをやっていたのかと思っていたのですが違ったようです。

お姉さんの曲で踊っていたり、配信番組でも踊っていて、とても楽しそうなんですよ。

内田雄馬さんはMVでダンスを披露していますが、パッションを大事に踊っているそうです。

内田雄馬にとっての憧れの人

宮野真守さんです。僕にとって大きな存在で学生時代から今まで、ずっと宮野さんの歌を聴かせていただいてきました。宮野さんが歌われてきた音楽が大好きですし、たくさんの方を笑顔にしているじゃないですか。あんなにたくさんの人が、宮野さんが作る世界で笑顔になる。そんな音楽を作れる人って、本当にスゴいなって思うんです。だから僕もみなさんを笑顔にしたり、楽しいと思ってもらえる音楽を作っていきたいと思います。

引用元:livedoorNEWS

エンターテイナー精神は宮野真守さんがルーツなんですね。

音楽のジャンルが似た感じなので、内田雄馬さんの楽曲が好きな方は、宮野真守さんの楽曲も好きだと思います。また、その逆も同じことが言えます。

内田雄馬の衝撃のアカペラ

そんな内田雄馬さんと宮野真守さんがデュエットした楽曲が「うたの☆プリンスさま♪」にはあるんですが、

衝撃を受けたのは、アニメでデュエット曲が流れる前にあった挿入歌のシーンなんです。

アカペラで鳳英二(内田雄馬さん)が歌ってるところに一ノ瀬トキヤ(宮野真守さん)がハモっていく流れでした。

アニメで声を当てた声優たちがライブを行うことがあるのですが、「うたの☆プリンスさま♪」のライブで、このアカペラシーンが再現されました。

とっても綺麗なハモリだったんです。聴く機会があれば1度聴いてみてください。

楽譜の写真