かさばる雑誌をスッキリ保存!自分の好みにカスタマイズ!

自分が好きなアーティスト、俳優、女優、声優などなど

好きな人が出ているものってついついチェックしてしまいますよね。

CD、DVDを買うのはもちろんですが、雑誌も写真とインタビューが載っていたりして買わなきゃ!なんて衝動にかられてしまいます。

その雑誌どうしてますか?

買ったまま本棚に収納、重ねて押入れの中でしょうか

しまう場所にも限界がありますよね。場所がなくなったからって古いものを捨てるのはちょっと、、

そこで、私がいつもやっている綺麗にスッキリ保存できる手順をご紹介します!

スッキリ保存ステップ

必要かどうか確認する

雑誌の写真

まず始めに、その雑誌が必要かどうかを判断しましょう。なぜ取っておいてあるのかを再確認して、「やはり捨てられない」と思えるものを残していきます。

ここで重要なのは、すべてのページが必要か否かです。

雑誌のすべてのページが好きだから残す!と思うのならば、それは大切に保管してください。そこまで強く大切だと思えるものを捨ててしまったら後悔します。後に、古本屋巡りをして探さなくてはいけなくなってしまいます。

すべてのページはいらない、自分が好きな人が載っているページのみあれば十分。と思える雑誌があれば次の段階に進みます。

雑誌を分解する

必要なページのみ残しましょう。この作業はなるべく慎重に進めます。

表紙から剥ぐと、割と簡単に1ページずつ剥がすことができます。

綺麗に剥がれそうにない場合は、カッターで本の接着部分をなぞって切りながら剥がしていくのがオススメです。無理に剥がそうとすると、破きたくない大切なページがビリビリになります。

残したいページを剥がしたら、必要のないページは捨てて100均に行く準備をします。

クリアファイルを買う

この段階でお気づきかもしれませんが、残したページをファイリングします。

自分の好きな人しか出ていない世界でたった1つの自分のためのオリジナル雑誌作成です。

20ポケット、40ポケット、A4、B5、ソフトカバー、ハードカバー、サイズも色もさまざまなものがあると思います。お好きなものを買ってください。

ただし、雑誌の残したページが入るサイズにしてくださいね。

個人的にはA4サイズが使いやすいと思います。

家にあるファイルでも構いません。反対に、細かいところまでこだわって作ってもいいです。

オリジナル雑誌作成

ここからは、ファイルの1ポケットに1ページずつしまっていく作業です。

雑誌を分解した時に、ノリがついてた部分を切り落として綺麗な長方形の紙にしてからしまっていくのをお勧めします。面倒臭いかもしれませんが、見栄えはいいです。

ファイルの写真2

ファイルにしまっていく順番などは自由です。

  • 紙のサイズごとにファイルを分ける
  • 似た記事ごとにまとめる
  • 年代順に並べる

表紙がクリアのタイプのファイルを買った方は、外から見える1ページ目に「〇〇ファイルNo.1」のようなことを白紙の紙に書いて入れてもいいですし、雑誌の目次とかで使われている小さい写真を集めて切りはりしたものを表紙として入れてもいいと思います。

また、「読み返すことは少ないけど取っておきたい」、「取っておくページ多すぎてクリアファイルだらけになっちゃう」という場合、1ポケットに切り取った雑誌分(複数枚)をまとめて入れる方法で十分かと思います。

まとめ

好きなものが詰まったオリジナル雑誌はできたでしょうか。

正直、時間と手間がかかるし、ファイル代もかかります。ですが、自分の必要なものだけを集めることができ、いろいろな種類の雑誌でごちゃついていたものが統一されるのでスッキリしませんか?

まとめ方は自由ですので、使いやすいように収納してみてください!